• お葬式費用の基礎知識

    お葬式には多額のお金が必要になり、一般的には葬儀全体で200万円程度かかるのが普通だと言われています。

    葬式サイトが一番おすすめです。

    その内訳は、葬儀本体費用と飲食接待費、そして寺院費用の3つであり、それらの組み合わせによって最終的な総額が決まるという仕組みになっていると言えるでしょう。
    それぞれの内訳に関しては、まず葬儀本体費用は、祭壇などの物品や人件費といったお葬式そのものにかかるお金のことであり、主に葬儀社へ支払う費用のことを指します。

    ですので、よく広告などに記載されているプラン費用がそれにあたると言えるでしょう。この葬儀本体費用は、内訳の中で最も高くなってしまう項目であり、相場は120万円程度だと言われています。しかし、プランによっては大幅に安くすることも可能なため、費用を抑えたい場合は、まず安いプランを選ぶことを検討するとよいでしょう。
    次に飲食接待費は、通夜に振る舞われる料理などのお金のことを指します。



    相場は35万円程度だと言われていますが、会葬者の人数が少ないほどその費用も安くできますし、そもそも通夜を行わない場合や料理を出さない場合は必要ないお金です。さらに寺院費用は、お葬式で読経をしてくれる僧侶に渡すお布施のことを指します。

    相場は45万円程度だと言われていますが、宗派などによって相場は変わる場合があります。

    そして無宗教で行う場合は、そもそも僧侶を呼ばないため、この費用は必要なくなると言えるでしょう。



  • 葬式の最新考察

    • お葬式は、さまざまな方を呼んで大規模に行うのが従来のスタイルでしたが、最近では従来のものも含めて多様なスタイルのものが存在します。ですので、お葬式を行う際は、あらかじめどのような種類があるのかを知っておくと役に立つでしょう。...

  • 葬式のよく解る情報

    • 一般的なお葬式では、大人数の参列者を呼ぶのが普通だと言えますが、最近では小規模スタイルである家族葬の需要も増えていると言われています。家族葬というのは、主に身内だけで行われる小規模なお葬式のことであり、都市部で主流になっています。...

  • 葬式関係の真実

    • 最近は多様なお葬式のスタイルやプランが存在しますが、新しいスタイルの一つとして一日葬と呼ばれるものがあります。一日葬というのは、普通であれば行われる通夜式を省いて、告別式だけを行うことによって一日で済ませるというスタイルを指します。...

  • 葬式のサポート情報

    • お葬式には多額の費用がかかってしまうのが普通なので、費用に関して悩みを持っている方も多いでしょう。平均的な葬儀費用は総額で200万円程度だと言われているため、十分な貯蓄などがなければ簡単に用意できる金額ではありません。...